aokcub::Blog

/PIC|dsPIC|Perl|Terragen3|風景CG|CSS3/

レンダリングマシン組んだ

という話。

今年でTerragenシリーズで趣味の風景CG制作をはじめて7年になります。
最初は無償版の800x600制限でやっていたのが,今では有償版でFullHD~4kサイズのCGを当たり前に作るようになりました。 当然制作に使うマシンもどんどん更新してきましたが,しばらくここ3年くらいはi7-930ベースのマシンで落ち付いてました。でも,最近8kとか16kサイズの制作(全球・半球の360度パノラマテクスチャ)をするようになってきて,ついに限界を感じました。

静止画一枚レンダリングするのに2週間かかるというのもなかなかふざけてると思うし,それ以上に普段使いのマシンのリソースを長時間占有されるのはつらい。思い立ったときにゲーム出来ない。つらい。

そこで,(ボーナス入ったし)レンダリング専用マシンを組むことにしました。 まず12月に1台,そして今年初めに1台組んで,今のところ2台体制

1号機と2号機で異なるのはM/BとCPUだけです。 そんな数%の速度向上のためにオーバークロックする必要もないし,4771でよくね?とか, ATXマザーじゃなくてよくね?とか反省した結果2台目はこの構成に。 (4770KとZ87-PLUSがセットで特価だったの...)

「え?3DCGなのにグラボ無し」って思われるかもしれませんが, Terragen 3はGPUパワーを一切使わないソフトなので心配不要です。 今後GPUサポートするとか(TG4以降でしょうが),Vueを買うとかしない限りは グラボ無しで運用できると思います。安上がりですね!

OSはScientific Linux 6.4を使用。 Terragen 3のLinuxレンダリングノードを使ってやっています。

f:id:aokcub:20140104225238j:plain

マウントは(仮)状態ですが,ひとまず運用できるようになりました。 こういうのやってみたかったの! ベニヤ板とDCのハイブリッド! pixivインフラの今 - @IT

ケーブリングを見直すと同時に,防塵対策は取る必要がありますね...

ベンチマークを走らせた限り一台あたり2倍速は出ている。もうちょっと速くなるかなと思っていましたが,まずまず。Linux版レンダラが遅めなのかもしれません。

さて,レンダリングマシンは組みましたが,その運用は少し見直したいと思っていて。
たとえば16kテクスチャを2台で分散レンダリングしようと思ったら,次のような流れになります。

  1. 冒頭に書いた現行マシン(i7-930ベースマシン)でシーンモデリング
  2. プロジェクトファイル(と使用している植物モデル)等をまとめて両レンダリングマシンにコピー
  3. 1号機でレンダラを起動してGI cacheファイルを作成(光源計算の結果ファイル)
  4. 2号機にGI cacheファイルをコピー
  5. 1号機,2号機でレンダラを起動して,それぞれ左半分,右半分をレンダリング
  6. 結果を取り出して画像をマージ

もぅ無理。。。
アプリ組もぅ。。。

具体的には3~6を自動化したい。どう組むのがスマートかなあと考えてます。そのうち構想まとめます。

以上。

ちょうてきとうな Terragen3 かいせつ 第0話 導入

Terragen3

Terragen 3は、英国Planetside Software社によって開発・販売されている風景専門の3DCG作成ソフトです。2013年9月28日現在、バージョン3.07がリリースされています。3DCGというと難しく聞こえますが、地面を作って、(木を生やして)、空の色を決めて、雲を置いて、太陽の位置や明るさを決めて、カメラの場所を決めて、あとはボタンを押して待つだけです。そしたらこのような画像が作れます。

f:id:aokcub:20130928010413p:plain

f:id:aokcub:20130928010424p:plain

実際にはこんな単純ではありませんが、だいたいあってる。はず。

先代のTerragen 2からずっとそうですが、あまり日本語の資料がないことが弱点なソフトです。本チュートリアルでは最新版にそった情報を提供することで、今まで風景CGを作ったことがなかった方、またはTerragen Classic、Terragen 2を使ってきた方がTerragen 3に興味を持つきっかけになることを狙っています。 あまりハイペースでの更新は難しいですが、出来る限り続けていきたいと思います。

Terragen 3のラインアップ

Terragen 2では、無償版(Free Non-Commercial Edition)、有償版(DeepおよびDeep with Animation)の3エディションでした。Terragen 3では、無償版(Free Non-Commercial Editionと、4つの有償版(Creative, Creative + Animation, Professional, Professional + Animation)の5エディションになりました。"+ Animation"が付いているエディションはProfessionalはその名の通りプロユースのためのフル機能版です。Creativeは機能が少し削られている代わりに価格が抑えられた、趣味でCGを作るような人たちに向けたエディションです。

2013年9月28日現在、各エディションの価格は下記のようになっています。

  • Creative $199
  • Creative + Animation $349
  • Professional $549
  • Professional + Animation $699

(http://planetside.co.uk/products/tg3-product-comparison)

無償版の制限

Terragen 3ではエディションの数が多くなり、Creative以下では使える機能も抑えられています。すべて挙げるのは大変なので、主な制限だけ列挙します。

  • 非営利目的の利用に限る
  • アニメーション機能なし
  • レンダリング解像度が最大1280x900 [px2]まで
  • レンダリングの全体的な画質を決めるパラメータ(Rendering Detail)が最大0.6まで
  • アンチエイリアシングのパラメータが最大4まで
  • Population(モデルの自動配置機能)が最大3種類まで

その他、エディションごとの違いはこちらで見ることができます。 http://planetside.co.uk/products/tg3-product-comparison

この中で、特に気にする必要があるのは解像度とPopulationだと思います。Rendering Detailはふつう0.8より大きくすることはありませんし、0.6でもそこそこ十分な品質が得られます。アンチエイリアシングも1280x900 [px2]であれば3か4で十分です。

なお、他の3DCGソフトに見られるような、レンダリングした画像に模様が入るというようなことは一切ありません。また、試用期間の制限もありません。

システム要件

システム要件はこの様になっています。

  • Windows: XP/Vista/7/8,2GHz以上のクロックで動作するCPU(デュアルコア推奨),2GB以上のメモリ(4GB以上推奨)
  • Mac OS: OS X 10.6以上,2GHz以上のクロックで動作するCPU(Intel CPUのみ。デュアルコア推奨)、2GB以上のメモリ(4GB以上推奨)

MacはIntel CPUのみ対応となったので注意。

導入方法

ここでは無償版の入手方法を。まずはこのページにアクセスします。

http://planetside.co.uk/products/download-tg3

f:id:aokcub:20130928195911j:plain

ページ下のほうにある"Terragen 3 for 64-bit Windows"、"Terragen 3 for 32-bit Windows"、または"Terragen 3 for Mac 32/64 bit"をクリックします(お使いのOSによって分けてください)

TG3ではメールアドレスの登録が必須となりました。入力後、Download Now!

f:id:aokcub:20130928200009j:plain

そしたら自動でダウンロードが始まるはず。そのとき現れる画面に英語でいろいろ書かれていますが、要約するとこんな感じです。

  • あなたがダウンロードしたのは無償・非営利版です。あなたは作ったCGをシェアすることはできますが、それでお金を得ることはできません。商用で使いたかったら有償版を買ってください。
  • (入力された)メールアドレスはオプトインのメーリングリストに登録され、アップデートの情報や割引クーポンなどが送られます。
  • ただし、あとで送られてくる確認メールを無視すれば登録されることはないし、登録した後でもいつでも解除することが可能です。

ダウンロードできたらインストーラを起動してインストールします。

f:id:aokcub:20130928201600j:plain

f:id:aokcub:20130928201607j:plain

f:id:aokcub:20130928201612j:plain

f:id:aokcub:20130928201616j:plain

f:id:aokcub:20130928201623j:plain

f:id:aokcub:20130928201628j:plain

インストールされたTerragen 3を起動するとこのような画面が出ますので、"Use Free Version"をクリック。 なお、キーを入れない限りは毎回出ます。

f:id:aokcub:20130928201831j:plain

おめでとう てらじぇんすりーを つかえるように なった !

f:id:aokcub:20130928201920j:plain

情報源

ここでは,Terragen 3を使っていく上で助けとなるサイトを紹介します.Terragen 3ユーザの方で,これ以外に良いサイトをご存知の方がいらっしゃればご一報頂けると幸いです. まず,本家のドキュメントやフォーラムは外せません.サポートのほか,ユーザが自分の作品を投稿できるようになっています.

Planetside Software Wiki Planetside Forums

さて、日本語のページと言いたいところですが、まだきちんとまとまったサイトはありません。しかし、Terragen 2時代の資産がある程度使えます。

Terragen 2日本語マニュアル

私が以前書いたTerragen 2版のちょうてきとうな かいせつも使えると思います。 1話はちょっと使い物にならない気もしますが...

ちょうてきとうなTerragen 2かいせつ きじいちらん

第0話?

今日はここまで。まだ操作方法も書いていないですが、それはこれから書く第1話以降で。

待ってて!

Revision

  • 2013-09-28 ver 1.0

Terragen 3(またはTerragen 2)で作ったスカイボックスがなんかおかしいって人へ

こういうやつです。

f:id:aokcub:20130917221052p:plain

とりあえず大気サンプル数をあげましょう。話はそれからだ。

f:id:aokcub:20130917221222p:plain

デフォルトの16は低すぎます。これは大気中の光の計算のクォリティを決めます。 まずは32を。あまり高くしてもレンダリング時間が長くなるだけです。 自分も普通のシーンでは48~64あたりしかつかいません。

こうなります。

f:id:aokcub:20130917221345p:plain

「で、それからってなんだ?」

これで解決できないパターンがあるのでそのうち書くです。どうやって再現するか忘れた。

Terragen 3は29日発売.なんとClassicからのアップグレードパスも

!!!

Release Date Announcement and Pre-release

楽しみですね.Pre-releaseがあるみたいなのでそっちで遊べるかな.

あと,アップグレード価格の一覧が出たので表にしてみました.

(単位はすべてUSD)

TO→ / ↓FROM Terragen 3 Creative Terragen 3 Creative + Animation Terragen 3 Professional Terragen 3 Professional + Animation
なし 199 349 549 699
Terragen Classic 100 250 450 600
Terragen 2 Deep n/a n/a 149 (or 199) 349
Terragen 2 Deep + Animation n/a n/a - 149 (or 199)
Terragen 3 Creative --- 199 399 599
Terragen 3 Creative + Animation - --- - 399
Terragen 3 Professional - - --- 199

Terragen 3 Price List

Terragen Classicからのアップグレードも可能!その反面,Terragen 2からのCreativeへのアップグレードは用意されないみたいですね.

もうすぐだ...